平塚江南校舎 江南同窓会

神奈川県立平塚江南高等学校同窓会公式ホームページ
平塚高等女学校 平塚江南高校
文字サイズ小 中 大
トップトピックス お知らせ会の概要会 報連絡/問合せ変更連絡サイトマップリンク
最新情報が表示されない場合には「最新の情報に更新」(F5)を押してください

2014/10/31

第9回青春かながわ校歌祭に参加しました。

 10月12日(日)よこすか芸術劇場にて「第9回青春かながわ校歌祭」が開催されました。
大型の台風19号の接近により開催も危ぶまれましたが、台風の遅れにより意外にも穏やかな天候に恵まれました。 参加者は高2回~高66回生、校長先生、現役生(合唱部6名,放送委員3名)など計78名。 高21回生の志澤彰さんの指揮の下で「高女校歌」と「校歌」。 高28回~高33回生の応援団6名のリードの下で「第一応援歌」を披露しました。
 懇親会はメルキュールホテル横須賀にて。 応援団として多くの協力をしてくださった内田元彦さん(高29)と田代恵一さん(高29)が急逝されたとの知らせを受け、会の始めに参加者全員で黙祷を捧げました。 その後の食事会では同窓生同士、終始和やかに交流を深めました。
 次回は2015年10月17日(土)、会場は秦野市文化会館にて。 大勢の皆さまの参加を期待しています。

画像をクリックすると大きく表示されます。
画像の右エリアをクリックすると次の画像が、左エリアをクリックすると前の画像が表示されます。
右下のをクリックするこの画面に戻ります
「高女校歌」、「校歌」、「第一応援歌」 応援団OBの皆さん
真壁会長(高19) 稲本校長先生 朝野前校長(高19) 指揮 志澤さん(高21) 司会 金子さん(高25)
合唱部の皆さん 放送委員の皆さん 放送委員OB(高66)
平岡さん(高2) 応援団 奥津さん(高31) 初参加いただいた
永島さん(高24)
初参加いただいた
山腰さん(高7)
実行委員長
美濃本さん(高18)


2014/06/03

平成26年度江南同窓会総会を開催しました。

 6月1日に母校西館視聴覚教室および2階教室で平成26年度総会を開催しました。 真夏を思わせる暑さでしたが、空調が新設された視聴覚教室の心地よい気温のもと、茶道部のお点前に始まり、高18回生の伊東千秋さんの「シリコンバレー最新事情」講演、総会、合唱部ミニコンサート、懇親会まで皆様と懇親を深めさせていただきました。

 伊東さんの「シリコンバレー最新事情」講演はITの発信拠点であったシリコンバレーが産業界のみならず大学も巻き込んだ物づくりの発信拠点としても急成長しており、強いアメリカに戻りつつあるお話しでした。 今後の日本が、我々がどうあるべきかの指針をいただきました。
 総会では平成25年度決算、平成26年度予算が承認され、真壁会長の挨拶で述べた「新校舎設立に向けての運動、取り組みの開始」について緊急決議がなされ、満場の拍手で承認されました。今後100周年に向けて具体的な運動を計画してゆきます。
 議事終了後には合唱部のミニコンサートで童謡をアレンジしたコーラス、振りつけ付きの銀河鉄道999を楽しみ、高女校歌・高校校歌を全員で合唱し、懇親会で旧交をあたためました。 懇親会は新しい試みとして体育祭の準備で来校している各ブロックの現役生も招き総勢350人を超える皆さんが懇親を深めました。

画像をクリックすると大きく表示されます。
表示された画像の右エリアをクリックすると次の画像が、左エリアをクリックすると前の画像が表示されます。
右下のをクリックするこの画面に戻ります
茶道部の皆さんの心のこもったおもてなしに、ほっとするひと時でした
講演前に同期でパチリ 自分でシリコンバレーを歩いているような気になる講演をいただきました。
高66回生の元気な入会の挨拶に引き続き、すべての議事と100周年に向けた校舎建替え運動が承認されました。
高4回生、高7回生の皆様からご寄附をいただきました。 合唱部のミニコンサートの最後は高女校歌、高校校歌を声高らかに!
各ブロックテーブル Aブロック Bブロック Cブロック Dブロック
Eブロック Fブロック Gブロック Hブロック
懇親の輪が広がっています。

    総会資料(PDF)

 

2014/05/07

(助っ人バンク)「江南キャリア講座」で講演

 

 母校生徒に同窓生が経験・知識を語る江南キャリア講座が5月7日、3年生310人を対象に母校体育館で開催されました。これは平成23年度に始まった「助っ人バンク」という仕組みの講演会で、今回が8回目、講師としてNEC(株)社長の遠藤信博さん(高24回生)が、「可能性は無限大-若さそのものがポテンシャル」と題して人生の歩み方などをアドバイスしました。衛星通信やモバイルワイヤレス分野の開発に尽力され若くして社長に就任された遠藤さんは、「企業の役割は社会・お客様に貢献することだ」、「人生は有限であり、人は人間社会への貢献により生かされる」と強調しました。さらに江南生に対し「若さそのものがポテンシャルであり、自ら制限を設けない」、「意志あるところに道あり」、「Strong Will & Flexible Mind」と語りかけました。
 約1時間の講演後、生徒から「役立たない部下がいたら?」、「仲間・集団が間違った方向に行こうとしている場合には?」などの難しい質問が出ました。遠藤さんは「問題が厳しいから出来ません…とあきらめてはいけない」、「三人寄れば文殊の知恵という言葉がある。間違いが予知できたら抜け出すべく、フルディスカッションで大きな方向感をつかんでほしい」などと答えていました。海外での挫折談も含め、経験豊かな遠藤さんの有意義なキャリア講座となりました。


稲本校長先生挨拶 和田広報委員 講師紹介
    Strong Will & Flexible Mind
 Where there is a will,
there is a way.
  質問にも明快なアドバイスをいただきました
画像をクリックすると大きく表示されます。
表示された画像の右エリアをクリックすると次の画像が、左エリアをクリックすると前の画像が表示されます。
右下のをクリックするこの画面に戻ります
 

2014/04/24

(助っ人バンク)新入生オリエンテーションで講演

平成26年度の江南高校新入生322人に対する宿泊オリエンテーションは4月24日、大磯プリンスホテルで行われました。オープニング講演会はエーザイ㈱副社長の清水初さん(高28回生)に、高校生活の過ごし方や人生のあり方などをアドバイスいただきました。この中で清水さんは「ある事情で大学の経済学部に入学、卒後は金融界ではなく製薬会社に入った。会社でも通常は営業畑を一度は経験するものだが、自分はその殻を破って違う畑を突き進んできた」、「なにごとも成功は一度だけでは意味がない。失敗を恐れずにその失敗を生かしていけば、そこから本当の力が出てくる。自分を信じて頑張ることだ」、「皆さんは是非とも海外に出て世界を知り、日本を知り、そして自分を知るように努めてほしい」と熱心に語りかけました。
 最後に生徒から「副社長の仕事ってなんですか」、「授業中に眠くなったらどうすればいい?」などの質問が飛び出し、会場内は笑いに包まれました。清水さんのやさしい話し言葉による豊富な体験談で、実りある講演会となりました。

画像をクリックすると大きく表示されます。
表示された画像の右エリアをクリックすると次の画像が、左エリアをクリックすると前の画像が表示されます。
右下のをクリックするこの画面に戻ります
 

2014/04/23

第5回シニアゴルフを開催しました

 毎年恒例となった江南同窓会シニアコンペは4月22日(火)、静岡県小山町の富士ヘルスCCで盛大に開催されました。当日はあいにくの曇り空、午後からは雨も降りだして霊峰富士山を見ることは出来ませんでしたが、みなさんは和気あいあいとプレーを続けていました。
 5回目を迎えた今回は高8回生から24回生まで、11学年の53人が参加。毎年その人数は増えており、還暦を過ぎた仲間が集うこの大会は、いまや同窓会行事の中でも大きなイベントとなってきました。13回生は同期のコンペを兼ねて13人の多数が参加。一方、先輩後輩がラウンドしながら交流・懇親を深める絶好のチャンスととらえ、混成で回るチームも見られました。
 さて、個人戦は正確なショットとパットを展開した15回生の武隆敬さんが、グロス88、ネット70.0で優勝。2位は16回生の落合晋一さん、3位は13回生の神田晋一さんでした。学年別の団体戦は、武さん、曽我邦彦さん、高橋征男さんの15回生組がネット222.6で優勝。2位は0.2ポイントの僅差で神田さんらの13回生組、3連覇を狙った18回生組は惜しくも3位でした。なお、上位常連の18回生玉村邦夫さんが80のスコアでベスグロ賞を獲得しました。
 次回は2015年5月28日(木)、同ゴルフ場で開催です。女性も大歓迎、みなさん、奮って参加しましょう。
             ⇑ 次回開催日が変更となりました。スケジュール帳の再確認をお願いします。
                                                          (高11 渡辺大三記)

53人が大集合
朝の真壁会長挨拶
(ロビー2階から)
個人優勝
武隆敬さん(15回)
ベスグロ賞
玉村邦夫さん(18回)
団体優勝
15回生組

画像をクリックすると大きく表示されます。
表示された画像の右エリアをクリックすると次の画像が、左エリアをクリックすると前の画像が表示されます。
右下のをクリックするこの画面に戻ります

 
2013 2012 2011 2010 2009
個人情報の取り扱いについて